ファステング(断食療法)

ファスティングとは、日本語で『断食療法』『絶食療法』と訳されてます。
ダイエットの手法ではなく、生活環境を取り巻く、化学物質や毒物から身体を遠ざけるのが、本来の目的です。
にきびや湿疹にも効果があったという報告があります。
メカニズムとしては、ファスティングをしている期間中は、食べ物の消化を行なう臓器の活動の為に費やされていたエネルギーが、免疫系と組織を再生するプロセスに回されます。
また、ファスティングの期間中、休息を与えられた臓器の代謝機能は正常になります。
血液自体も余分なコレステロール等も減り、正常な値を示すようになります。