温泉療養

にきびに温泉療養は効果があるとされ、硫黄泉は殺菌作用があり、皮膚の角質を柔らかくして溶かし、皮膚の緊張やかゆみを和らげるといわれてます。
また、飲泉療法も併用するとよいとされます。
ただ、泉水は毒性物質が含まれている場合もあるので飲用する際の確認は必要です。