にきびの原因

にきびは、皮脂線と、毛包という部分で発生します。思春期にはアンドロゲンという男性ホルモン(女性にもあります)のレベルが上昇するので、皮脂の量が多くなります。これが毛穴を塞いでしまい、にきびになります。これを黒にきびともいいます。
一般的な細菌がこの場所で繁殖すると炎症や膿になります。
ちなみに男性ホルモンは、汗腺や皮脂腺を刺激し、皮脂の量を増加させますので、
思春期の男子が女子より肌の皮脂量が多い傾向があります。