にきび対策

にきびは、青春真っ只中の思春期の時期だけでなく、大人になってからでもできます(大人にきび)。 脂っぽい肌や、不規則な生活、食生活の偏り、ストレス等が要因となって、にきびが出来ます。
現在は、にきび治療、解消の方法としていろいろな情報が飛び交ってます。
『にきび対策』では、にきびに対する基礎情報をわかりやすくまとめ、提供しております。

にきび対策項目一覧

メインコンテンツ

にきびの原因

にきびは、皮脂線と、毛包という部分で発生します。思春期にはアンドロゲンという男性ホルモン(女性にもあります)のレベルが上昇するので、皮脂の量が多くなります。これが...もっと詳しく

にきび治療

毛穴をふさぐ皮脂及び汚れを取り除くことが第一です。 少なくとも1日に2、3回は洗顔しましょう。 但し、スクラブ入りの洗顔剤はおすすめできません。肌に対して刺激が強...もっと詳しく

食べた物がにきびを作る?

にきびは体の外側からでき、食べた物が内部からにきびを作ることはありません。 肌の毛穴が、皮脂や汚れ、メイクによって塞がれると、詰まってしまった毛穴が細菌に感染し...もっと詳しく

成人にきび

10代ににきびの経験がなくても、成人後ににきびが発生することがあります。 遅発性にきびといわれます。 原因は主に4つ考えられてます。 ●内分泌系疾患 ●更年期にお...もっと詳しく

エッセンシャルオイル

ラベンダーは万能で、優れた殺菌作用と肌への低刺激性を併せ持っています。 また傷を治す効果が高くダメージを受けたり、傷ついた肌につけると傷跡が残りにくくなるなど、...もっと詳しく

にきびに多い脂性肌

脂性肌は毛穴が広がりやすく、にきびができやすくなります。 飽和脂肪の摂取過多が、脂性肌の原因のひとつです(肌の一部だけが脂性肌である場合は、混合肌と呼ばれてます)...もっと詳しく

 
にきびに効果が期待されている話題の配合成分

AHA(アルファヒドロキシ酸)

フルーツによく含まれているところから、フルーツ酸とも呼ばれます。 AHAには、林檎から取れるリンゴ酸、柑橘類から取れるクエン酸、ブドウから取れる酒石酸、キュウリ...もっと詳しく

レチノール

レチノールとはビタミンAのことです。 レチノール配合の化粧品を使用すると、ターンオーバーを正常にする効果があるといわれてます。 さらに皮膚の保湿性を高め、コラーゲ...もっと詳しく

 
美容製品に含まれる、避けたい化学薬品

バラペン

バラペンは、石油化学精製される防腐剤です。 バクテリアの繁殖を抑制し、商品の品質保持に使用されますが、刺激性があります。 DEP・DBPは、スキンクリームの吸収性...もっと詳しく

ラノリン

ラノリンは、羊毛から抽出される天然の軟化、保湿剤ですが、工業用途としても利用されてます。ラノリン入りのクリームがにきびの原因になることがあります。...もっと詳しく

 
にきび治療あれこれ

温泉療養

にきびに温泉療養は効果があるとされ、硫黄泉は殺菌作用があり、皮膚の角質を柔らかくして溶かし、皮膚の緊張やかゆみを和らげるといわれてます。 また、飲泉療法も併用す...もっと詳しく

光療法

通常私たちが生活している日差しの中での光はあらゆる方向から乱反射し、眩しいのですが、特定の波長だけを抽出すると眩しさが軽減され、この光は健康にもよいという報告が...もっと詳しく

ファステング(断食療法)

ファスティングとは、日本語で『断食療法』『絶食療法』と訳されてます。 ダイエットの手法ではなく、生活環境を取り巻く、化学物質や毒物から身体を遠ざけるのが、本来の...もっと詳しく

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、ペースト状の酸を皮膚の表面に塗って、「一皮むく」ことによって、皮膚のハリを回復させる方法です。 施術後は、皮膚の表面が滑らかになり、にき...もっと詳しく

 
リンク

おすすめサイト

【東京のビジネスホテル、まとめました】 東京のビジネスホテルを......もっと詳しく

美容健康系サイト

【医学・健康情報サイト J-Medical】 生活習慣病をはじ......もっと詳しく

おすすめサイト2

【ブランド・ビーンズ】 ファッション ブランド ファッション ......もっと詳しく

アクセスアップリンク集

【相互リンクしませんか?】 相互リンクの相手サイトを探している......もっと詳しく

 
 
にきびの治療と予防はこうすれば大丈夫